上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

20060625172446
有難くもかたじけなくも
さすが我が一族の北の大地
全く体調を崩すことなく生存しております

いやー、気温も湿度も完璧です
(´∀`)b
仕事があれば是非移住したいですけど

しかしかなりの距離を移動したため
今日のほとんどは車の中でしたが
山をみてるぶんには全く疲れないのが不思議です
やっぱり北海道の山は本州のとひと味違っていいです
登るつもりはこれっぽちもありませんが(ぇ

そんなわけで今日も天気雨デットヒートを繰り広げながら
旅は明日も続くのでした

2006.06.25 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060624220947
本日無事に家をでて北の大地に到着です

あいかわらず強烈晴れ男である父と
異常気象を呼ぶ娘のアテクシを
含んでいる家族旅行ですので

のっけから着陸時→濃霧
空港出発時→かんかん照り
そして天気雨…

という激しいデットヒートを繰り広げております(苦笑)
行く先々いいお天気なのにつきまとうように
私の頭上にうずまく黒い入道雲(’А`)
家族にまで『何連れてあるいてるんだYO』と笑われる始末…

いいんじゃ!私の頭痛は楽になったんだもん
(・ε・)

と、いうわけで動物園で素敵なお仲間を激写!
間近で見られていい感じでした

2006.06.24 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) |

連日首都圏は非常に蒸し暑いですね
湿気のせいで頭が重くてたまりません
と、いうことで、今年の家族旅行は

梅雨の避“湿気”北海道旅行だワショーイ

そんなこんなで、我が命の大地、
北の彼の地へ明日旅立ちます。

とりあえず、マイナスイオンとみなぎる大地のエネルギーを
心おきなく吸い込んで来ようと思いますよ

…ただし、我が父母の一族に捕まるとやっかいなので
こそーりと、お忍びで(笑
余裕があったらPHSで撮った意味不明写真とともに
日記でも書こうかと画策中。

さーて、明日は4時おきだ><

2006.06.23 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日は県内にプチ旅行です

何故県内なのに旅行かといえば、行き先が
怖ろしく観光地なY浜中華街だからです(伏せる意味無)
今日はどのくらいの観光地振りかというと

春節前日の所為で大通り真っ直ぐ歩けないyo!(゚∈゚*)

あまりの人に目を回して写真をとるのも忘れました'`,、 ( ´∀`) '`,、
って、もともとあんまり撮る方じゃないので、あんまり撮るつもりもなかったですが
だってブレるし<タダ単に腕が悪いだけ

でも、そんな状況なのにゲットするものはゲットしてみました
今日の買い物リスト
『聘珍樓』の月餅
(月餅は主食に出来るぐらい好きです。特にこのお店は名前が一発変換で出るぐらい好きw)
『皇朝』の肉まん&餃子
(母上のリクエストでおつかい)
『新光貿易』焙じ烏龍茶
(常時多数の種類のお茶を卸価格に近い値段で売ってくれる嬉しいお店。
中華街内で唯一「焙じ烏龍茶」を売っていて、しかも焙じたてのホヤホヤを売ってくれるお店です

すごくオススメ!

しかし上記の品を手に入れるために、白石さんに
多大なる迷惑を掛けたことをここに深くお詫びします
(めりこみ土下座)

続きを読む

2006.01.28 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |

なんかもう忘れかけてそうな自分が恐いですが
気を取り直して沖縄旅行続編
まあなんていうか「写真を撮るまでもなかったけどやっぱり気になった」という
雑学的ネタばかりなので、携帯写真とか、写真無しばっかりですが
先回の写真もブレブレであんまり意味無かったので…

そんな前フリはともかく

一日目泊まったホテルは「残波岬」ホテル
その名が示すとおり、立っている場所は突きだした半島の端でした
なので、側を通る船のために灯台が建っております
客室の窓からもしっかりそのお姿が拝見できます
toudai.jpg


灯台って、持つ役割からなのか「海を見つめて孤独に立つ」という設定(?)がすでに浪漫
夜のピカピカとお仕事してる姿もいいですが夕方のたたずむ姿もなかなか好きです



写真の矢印に注目でございます
孤独にたたずむ灯台と、孤独にたたずむ巨大シーサー

…アルェ?(・3・)
当たりを見渡しても、対になる相方は居ません
守るべき建物なども・・・特には無し。

一匹だとシーサーの意味ってなかったんジャマイカ
しかも明らかに縮尺がおかしい。デ カ 過 ぎ ます
そんなにでかくする意味はあるのかと小一時間(ry
一応、観光名所となっているらしく、ちらほらと人がやってきては
記念写真などをして去っていきますがやはり存在意義は不明
あれですか、デカイ仏像とかと一緒なんですかね
しかも灯台と一緒に海を守っているのかと思いきや

どう考えても外洋とは反対向きです

何かから守っているのか、それとも何かを待っているのか
謎が謎を呼ぶ巨大シーサー…
ちなみに夜はライトアップもされておりました
夜に下から照らされている様子はさながら某マーラ○オン

そこはかとなく「失敗感」が漂う一品でございました

2005.12.20 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(3) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。