上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

結構前にレンタルしてたんですが、
原作を読み始めてからガッツリはまり、
辛抱溜まらなくなって初回特典盤を買ってみました
ビバ、ヲタ魂。

それはさておき。
この映画、一般の映画情報にのってるあらすじを
真に受けて観ると相当後悔します(´Д`;)

一例:
1805年、英国海軍サプライズ号は、祖国を遠く離れた海上で、フランスのアケロン号と対峙していた。数々の英国船を沈めてきた敵船に怯え、異様な緊迫に包まれる船内。そこにはあどけない少年士官の顔も見られた。12歳の士官候補生ブレイクニーも、船長の勇姿を眩しそうに見つめる。そんなある夜、サプライズ号は霧の中から現れたアケロン号の奇襲を受け、ブレイクニーも右腕を失ってしまう…。


これだけ読むと、印象としては十二少年漂流記っぽいような
お家に帰りたいけど、そこをぐっとこらえて
爽やかに健気にがんばる少年達と海の青春☆成長物語

というイメージですが…。

180度 違 い ま す よ!


第一、少年達はちらっと、というか華を添える程度にしか出てきません(笑)
そういう意味では、原作に忠実です。
だって、少年はあくまでも「士官候補生」。
クラスとしては中間管理職見習いです。がんばってるとはいえ目立っちゃイケマセン
実際の当時の英国海軍の階級制度を厳密に意識したつくりになっているので、
わざわざカワイイショットを狙うために(笑)前に飛び出してきたりもしません

そういう点で本当に丁寧に作り込んであって細部までこだわっているので、
乗り組んでいる船の艤装、構造、内装はもちろん、背景に写っている小道具の一点一点までも
海洋ファン・帆船マニア・アンティークヲタの舐めるような鑑賞(…)にもガッツリ耐えられます。
もちろん、私のような「18世紀のイギリス萌え」している人には
まずもって制服からしてハートをかっさらわれます。
すばらしいオフィサースタイル!しかも世代によって着こなしが微妙に違うのも注目です

で?話の筋は?というと…、これまた原作の空気そのもので
金髪のクマのような英雄艦長と
猿の着ぐるみが似合う変人船医の
愛 の 軌 跡(もしくは奇跡)


ダーーーーン!
(モグ○フク○"ウ風)

なんかもう、船の乗組員達が温かく見守るラブコメディ。
とある事件で二人がケンカしますが、思いっきり夫婦げんかです
周りが一生懸命オクサマのご機嫌を取ったりしています
あんた達、艦なんてプライバシーも何もないのに…
でもみんな「あー、また奥さん怒らしちゃったよキャプテンあやまってくださいよ」という空気
なんだこれは。大家族すぎるだろう(問題はそこか)
でもまあうん。いいんじゃないでしょうか、私は好きです<だから何
私だけが目の錯覚(というか目の腐れ)でそう見えてるのかと思ったら
特典映像で付いてた役者インタビューで、
船医:ドクターマチュリンの中の人が

「この映画の見所?ああ、やっぱり…
船長のキャビンで二人っきりで話し込むんだけど
そのときの

キャビンが多少揺れていてもノックは無用

みたいな空気かな!え?そういう映画じゃないの?(・∀・)ニヤニヤ」

いろんな意味でグッジョブな映画です。
ただ、一つだけ原作通りでないところをツッコむとすれば
船長の体格はいい感じですが
ビックリするほど船医の身長が高い
191cm!ひゃー。道理でスネが長いと思った(そこか
なのでブーツがよく似合います。
でもカッコイイのはブーツだけ…。
服装のセンスは原作通りにかなりエキセントリックです(笑

…ってか、こんな紹介で誰が観るんだろう。
スポンサーサイト

2005.09.02 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://niretomo.blog22.fc2.com/tb.php/9-1f429bd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。