上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

昨日あんなに決意したのに
今日は結局一人で2度目見れなくてがっかり(´・ω・`)
なので、所々記憶違いはあるかもしれないけれど感想に挑戦
たまには「何故萌えるか」について、精神心理学専攻の友達との考察も交えて
真面目に考えて書いてみようかと思いますよ

冒頭部分、幼少時代のアレキサンダーの状況がかかれる
不仲という言葉では言い表せないほどいがみ合う両親
征服された国の高貴な生まれである母は、まるで戦利品の一つ、
物であるかのように父親である王に扱われる
それを常に目の当たりにし、父への怨みを子守歌に育つ
母の心のよりどころは周りとは違う宗教であり、子供には原始的な恐怖心をあおるであろう蛇
加害者である父と、被害者でありながら同時に自分への加害者である母に挟まれ、
そこからの逃避として、勉学や運動、そして友人との交遊に全勢力を注ぐ
特に彼の生まれたギリシャは、神話や伝説が花開き、哲学が成長しはじめた、
文化を学ぶ環境としては最高の状況にあった
現に、「イーリアス」を何度か引用する場面も書かれている

思春期になり、自分の世界を持つようになると、恋愛感情が芽生える
自分を真に理解してくれるのは、親友であるヘファイスティオンだけであると感じ、恋に落ちる
彼の思想の基本となった学問の師はかのアリストテレスだし、
当時の時代背景としてはさほどアブノーマルとは取られていないようだが、
その後もまったく女性に心から揺さぶられるほどの感情の動きを見せていないところから
完全なエディプス・コンプレックス、つまり父と母という基本的な男女に対する抵抗があるため、
男女の婚姻関係と言うことに強い嫌悪感や不信感を抱いていたのではないか、という心情が深く掘り下げて描写されている
その表れとして、歴史上では「恋愛感情に突き動かされ、正当な手続きを取って異種族の娘を王妃にした」と解釈されている、
ロクサーヌとの結婚についても、恋愛の華やかな空気はそこには全くない
そして「子孫を残すため」という理由を述べてはいるが、真意に関しては全く不明のままで残されている

母へのコンプレックスは、女性への不信となって現れ、
一方、父へのコンプレックスは仕事、つまり統治者としての父を越えようとするがむしゃらさで現れる
一心不乱に軍を駆り立て、征服し、領土を確実に広げる
そしてついには世界強国として当時君臨していたメディア=ペルシャ帝国との直接対決に至る

圧倒的な力の差に怯える軍を前に、的確に指示を飛ばし、大胆で戦略的なアイディアを展開し
そして檄を飛ばして兵達の士気を高めているその姿は
まさに歴史に名を残すにふさわしい猛勇さをたたえている
大いなる敵に突撃するまでの緊張感を、この映画はとても効果的な演出で高めていると思う
そして、一切の美化をすることなく、ありのままの戦闘をリアルに書き出しているところは
この監督の持ち味を生かし切っているといえるだろう

その後、遠征するアレキサンダーと彼の軍達の確執、そしてあまりにも遠くへ来てしまったが故の切迫感は真に迫る物がある
特にインドでの戦闘は、まるでベトナム映画のゲリラ戦のような悲惨さであり、圧倒的なグロテスクさ、不条理さを醸し出していた

この作品を、英雄の伝記(ヒロイズム)映画としてみれば失望するかもしれないが
反戦映画、とくに『戦争という究極の破壊行為によって英雄は生まれ得ない』というメッセージが深く込められているように感じた

世界史の英雄、という概念を考えさせられる作品

以下、ふざけたツッコミ

ちっちゃい頃のアレキサンダーめっさ可愛かったですな!
金髪美少年を絵に描いたような・・・
「クリス○ファー・口ビン」に似てます(笑
そんな華麗な美少年がどうして

いきなりゲジゲジ眉毛になったのかと小一時間(ry
いや、アゴが割れるってのはよくありますけどね、西洋の遺伝子の場合。
でもその毛深さは異常だろう、と
第二次性徴にも限度があるだろう、と…
しかもアップに耐えられませんよどうにかしてくださいよだってどう見てもあの目は死 ん だ 魚ですよ(爆

それとアンジェリーナ・ジョリー
すごい美人なのが逆に魔女っぽく作用してGJ!でしたが
何せ主役がアレなのでミスキャストに見えて可哀想な感じに
だって考えてみれば息子役とタメですよ…
もうちょっとこう…ねぇ?なにをどうしたらいいかわからないですけど
あと、へファイスティオンの中の人とは「17才のカルテ」以来の共演じゃないでしょうか、多分
ちゃんとキャスト表観てないので確信は持てませんが(をい)、
あのビックリするほど青い瞳は多分彼。名前も覚えてないけど<酷

それと

へファイスティオンが可憐でビックリしました
なのに鬼のように強い…
それだけで十分この映画は観る価値有りと思いましたね
メジャー映画で男同士のキスが観られる日が来るとは思いませんでしたよ
あ、「オスカー・ワイルド」とか「ブエノスアイレス」ってメジャー?
どうなんでしょう、わかんないですが
とにかく、へファイスティオン将軍、

金髪王を見つめる目をハートにしたまま軍議に出席するのはどうかと思います

こんどはバゴアスに注目して観てみたいなあ・・
だってヘファと区別がつかなk(ry

とりあえず、疲れたのでこの辺で。
スポンサーサイト

2005.11.06 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(1) | コメント(5) |

はじめまして。先日自分はブログを始めたばかりなのですが、もしよかったら私のブログに遊びに来て下さい。よろしくお願いします。http://blog.livedoor.jp/tabahiko/

2006.12.21 01:49 URL | tabahiko #- [ 編集 ]

コメント&お越し頂いてありがとうございます

このコメントは沈んでしまったので、11/14の追記にて。

2005.11.14 22:06 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

TBありがとうございました。

映画では省かれてましたが、イッソスの戦い(この戦いも省かれてた!)の後に得た初の正式な愛人バルシネとの関係は良好だったようだし、当時の国王としては普通の女性関係が伝わっているので、ホモ視するのはどうかなと。
詳しくは以下のサイトを見てください。私なんぞよりはずっと詳しい人が書いてます。
http://pezetairoi.hp.infoseek.co.jp/history/drunken-ladies.html

当時の状況からして、

家庭(統治)より冒険(遠征)を選んだ

当時の常識では遠征には女性は連れて行けない(連れていかない)

当時は同性愛はインモラルでもなんでもないからずっと一緒にいるヘファィステオンの方と、より強く結びついた

だと思いますけどねぇ。

だから私は取り上げるエピソードが偏ってるよなぁと思ったのでした。

なお、終盤で出てきたダンサーの美少年は、ホモじゃない男性が転んでもおかしくないです。というか私でも (略)

2005.11.14 00:11 URL | ろた #JalddpaA [ 編集 ]

わかりやすいといってもらえて大変うれしいです
友人からは「相変わらず文章が四方八方に飛び散ってる」と
ツッコミを食らってへこーっとなっていました(笑
ホモ談義にかんしては全然大丈夫です
ガンヘッド殿の考察にも、一理あると思いますし
アレキサンダーはなんていうか、花火的カリスマですよね
ハリケーン的、というか
時代が時代だったから「英雄」にされてしまい、あげく暴走しすぎて疑心暗鬼、仲間の崩壊という末路の可哀想な人物、という点では
秦の政を思い出しました

2005.11.08 21:52 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

にれともさんへ。長文なのにわかりやすかったです。
ホモ談義の件は、不快感を与えたのなら謝ります。
アレクサンダーは、家庭不和から外に楽園を築きあげるしかなかったということですね。そして戦略に才能が見えると悲劇が加速したと。

2005.11.08 21:12 URL | ガンヘッド #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://niretomo.blog22.fc2.com/tb.php/66-cf08e559

「アレキサンダー」
今年の2月に日本公開された作品(当時の感想はこちら)が、半年弱でDVDリリース。正式発売は明日ですが、前日に入荷するのはお約束。早速買ってまいりました。2種類あるうち、迷わず<Premium Edition>を選択。値段が極端に高かったり、いらないオマケ

2005.12.04 17:44 | 【徒然なるままに・・・】 by Excalibur

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。