上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ついにこの人気シリーズ
「英国海軍の横綱 雄ジャック・オーブリー&
英国諜報部の裏アイドル スティーブン・マチュリン」
も5作目まで翻訳が出ましたねいやっほう
コレも映画効果でしょうか
ありがとう映画関係者の皆さん

そんな感謝を胸に、めまいで歩けもしないくせに
上下巻、一気に読了

今回の萌えどころ
・せんちょーのポインツ
冒頭部分、今までのシリーズではお金が無くて
陸ではびっくりするぐらいの貧乏ぶりをこれでもかと事細かに描写され、
読んでてなんだか某「HしだSがこ」ドラマを見ているような気分になりましたが
今回は前回の拿捕賞金を珍しくちゃんとキャッチし、
それ相応の生活を営んでいる…かのように思いきや
陸ではやっぱり無能なジャック…_| ̄|○
あれですか、やっぱりキャプテンは
セイウチの オ ス ですか
陸に上がるとからっきし カモにされまくりです
それもまたチャームポイントなのでしょうか
すごくイヤですけどね

ドクターのポインツ
相変わらず設定上醜男のはずなのに
相変わらず行動がヲトメな軍医どの
今回もお約束でダイアナに振られ、まさに
「しくしくさめざめ(´Д⊂」
傷心のまま船に乗り込んだら忠犬(?)プリングズを中心に
あの手この手で慰められまくりです<誤解を招く表現

長い間忙しすぎて手入れしていなかった所為で
当然の事ながらのびたヒゲ
何故かそのヒゲを珍しがってはしゃぐ軍医
自分で「ひげ」「ひげ」つぶやきながら引っ張ってみたりします
気に入ったのかそのまま放置
この人、ナニがつぼにはまるのかが全く持って謎なところが魅力ですが
今までヒゲを生やそうとして失敗したことがあるとみました
あれだな、すね毛もショボイタイプだ<だからなんだ

今回の任務である護送囚人の中に貴婦人がいたので
立場上、毎日の甲板散歩につき合うドクター
本来ならば美人を連れて親密にお散歩だなんて
艦中の嫉妬を集めてもおかしくないところですが
つきあいの長い連中が見送るときの視線は

下校中の女子高生2人を見送る目つき

百合百合しいというかなんというか
いろんな意味で「本当にありがとうございました」

・プリングスのポイント
暴走する上司と凹みモード全開の軍医にもめげずに
明るく爽やかに前向きで仕事をするプリンたん
犬の健気さにキュンとくる属性はないはずなのに
今回の泣きそうなほどの健気さにキュンキュンしてしまいました
お前いい子だよ!!となでてあげたい
いや、もう立派な士官殿ですがね

・パビントンの犬
おっきくてフサフサの犬って可愛いかもね

結構書いたのにまだ上巻
萌え力ってオソロシイ罠
スポンサーサイト

2005.10.29 | 英海軍帆船モノ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://niretomo.blog22.fc2.com/tb.php/60-78cedf25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。