上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

昨日はこのブログからもリンクさせていただいてる
白石さんこと「shin」さんと久しぶりにメッセで
長話をさせてもらいました。楽しかった~、ありがとうございます!

で、プロの方の時間を取らせて申し訳ないなーとも思ったのですが
神社仏閣、お守りに魔除けその他もろもろから
ことごとくはじかれる(というか嫌われる)という
愚痴を聞いて頂いたのですが
周りに理解してくれる人は結構いてくれて
それだけでも救われてはいるのですが
やっぱり「うんうん、分かる~!」と
同じ境遇に立っている人がいるとやっぱり心強いですね

相談に乗って頂いた結果、やっぱり
「大和の神」や仏教などの「清めの神」とは違う神を
一族が代々祀っていたということもあって
体質的にあわないっぽいです
なので、京都のお寺でマターリ過ごすという夢は
諦めたほうがいいらしいですよしくしく>ソウルメイツへ私信
まあ、寺でまたーり、なんて絶対ムリだよね・・・
そして、指摘されてはたと気が付いたのが
日本国内でも北海道や沖縄など、
『縄文的な霊的文化が色濃くまだ残る土地に行くと
なんだかものスゴ~~くスッキリする』ということ
確かに!
なんて言うんだろう、文字通り地に足が着く感じがします
もともと、一族の氏神は神社にいる神様達と違って
「土地を守る」というよりも「人を守る」タイプなので
場所が移動してもなんてこと無かったのが裏目に出てるのかも
しかも、文献を調べる限りわたしの力の源泉は
どうやらシャーマニズムに近いらしい
ってことはなにか

力の最大出力はトランス状態で

ようやっと出る、ということですか…_| ̄|○
そりゃあ、過呼吸で運ばれた先の精神科医も首をひねりますな
うん、パニック障害を起こすと「トランス状態」になる患者なんて診たことないもんな(爆

なんていうか、自分にまつわる謎が調べれば調べるほど
深くなっていくのが(´・ω・`)ショボーンな今日この頃
スポンサーサイト

2005.10.23 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

shinさん、コメントありがとうございます
通常意識のままっていうのも結構疲れませんか…?
困るのは買い物してたり道端歩いてるときにふと切り替わったりすると
事故りそうになってこまります…
時と場合を考えてくれと説教したい(笑

2005.10.25 21:20 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

過日はメッセお疲れ様でした。
私もシャーマン系バック抱えていますが、専らコンシャスチャネル(通常意識のまま他意識と繋がる)です。
ただ、多くの人は睡眠中等で意識がない時・通常意識が薄れいている時の方が、違うモノと繋がり易いみたいですね。
正夢等はその典型ですし。
良い対策が見つかると良いですね。こちらも色々と試行錯誤してみます。

2005.10.25 20:26 URL | shin #/jmCjgiI [ 編集 ]

ガンヘッドさんこんにちわー
美輪さんの舞台は、以前にわたしも見に行ったことがあります
地元のホールでやっていたため、裏口が見える道をてくてくと歩きながらホールに向かっていたのですが
ちょうど到着した美輪さんがお出迎えのファンに囲まれて凄いことになってました
遠くから呆然と観ていただけですがすごいオーラを感じましたですよ
そのあと、客席から舞台に上がる演出だったため
席の真横を通られたのですが、ちらっとこちらに目を向けられたただけで
「ヘビににらまれたカエル状態」になったことを覚えてます
いろんな意味でこわいよー(笑

でも確かに、大きすぎる霊力の治め方については
イロイロ研究してみようと思います
ご助言ありがとうございますサー!

2005.10.24 09:35 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

テレビで見た感じ、江原さんと美輪さんは本物の霊能者だと思っています。先日、大阪で、美輪明宏の歌を聞きにいきました(つまり、本人を見にいった)。本物だというのが素直な感想です。
また「まつろわぬ民」というのであれば、京都の睛明神社がよいのでは。密教の蔵王権現か仏鬼(明王)がよいのでは。阿修羅や不動明王や愛染明王です。
俺はハリー・ポッター状態(親は実の親で幽閉されているわけではない。あくまで体質の違いの話)ですが、にれともさんは、父も兄も理解はしてくれるはずなので協力が得られるでしょう。また、女性の能力者はロスト・バージンや出産経験により、日常生活が無難に送れる程度に鈍感になったり霊障が軽減されることも多いと伺います。
ブレスレットやネックレスのような装身具、石などでコンデンサーとかアースみたいにできると思います。また浜崎あゆみを参考にして体質のコントロール方法のヒントをもらうのもよいでしょう。浜崎あゆみの場合はどうも西洋の剣士と縁が深いように感じるので「黒」が壊れずに存在するための知恵がもらえるでしょう。
いずれにしろ「すげい4人」を見に行ったソウルメイトはこれからも心強い味方となるでしょう。
「スポッテド・ドッグ」「スコーン」などの英国料理の本(海図とマスターアンドコマンダーメモつき)を出版する計画をお父さんとお兄さんと練るとよいでしょう。体調をくずしたときの収入源にもなるし、必要なときしか人に会わずにすむので無理のない生活が送れるはず。
(ガンヘッドは、本屋のような接客業に移行せねばならない時期に来ているのいですが、周囲を納得させるのは難しい。にれともさんからもヒントはもらっているんですよ。)
22という数字も12と同じくカバラで「完成」を意味するため、「定住のみをよしとする(にしか対価を払わない)」日常に、にれともさんがおさまらず大変なのだろうと思いますががんばってください。
魔力や霊力がでかすぎて、1人におさめるのが難しいため、体調不良を起こしたり、「型落ち」の車で走っているような感覚を現時点では感じておられるのだと思います。

2005.10.23 23:25 URL | ガンヘッド #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://niretomo.blog22.fc2.com/tb.php/56-136e21ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。