上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

久しぶりに薬局のはなし。


現在勤務している薬局は、派遣も含めて3件めの薬局です。
今まで経験した規模は処方箋枚数が
[300↑/日]が一件、
[50~100/日]一件、といった感じです。
今の薬局は後者の規模とほぼ同じです。

枚数来ている薬局の場合、スタッフの数も足りているからということもあるのでしょう。
かっちり役割分担が決まっていて、他のスタッフの仕事に口出しはしませんが、
特別に指示がないかぎり手伝いもしませんでした。
なので、担当のこと(例えばレセコン入力)に特化できるので、
各人のスキル向上にはむいているようです。

それに比べると、規模が小さければ当然スタッフの数は限られてきますので、
一人で色々兼任します。

やることがまさに「雑用」中心ですが、
嫌いではないので苦にはなりません。

ですが。

手が足りないからといって
資格のない事務員に
ピッキング業務(棚などから薬剤を集めてくること)
をやらせる
っていうのは
果たして許されることなのでしょうか?

ピッキングといっても、薬剤師から
「上の棚から湿布40枚出して」
など指示される訳ではなく、
処方箋を見て、そこに書かれた薬品を合計して出してくるわけです。

たとえ錠剤を数えるだけ、軟膏一本を取り出すだけ、と言ったところで、
それは立派な『調剤業務』ではないでしょうか。

法律、ということだけではなく医療に関しては、それこそ
「同じような名前の違う薬をだしてしまった」
「同じ薬の倍の量の薬を出してしまった」
ということに関して、うっかりミスです、ではすまされません。
命にかかわっているという自覚が、どうも薄いような気がします。

事務は事務です。
別に特殊な訓練や教育を受けている訳ではなく、
私の場合は単に「PCが扱えるから」という理由で採用されたに過ぎません。

確かに、薬剤師は全体的に人手不足で時給も高いため、
出来る限りは事務で補いたいという
経営者の考えもわからないではありませんが、
専門知識のない人間が医療過誤を起こすリスクは
確実に高いといわざるをえません。

しかし強要された仕事を拒否できるほど、
アルバイトの立場は強くありません。

前に勤務していた小規模薬局を辞めた理由もそれでした。

そしてまた、今回の薬局でも同じ指示がでました。
先輩の、やはり何件かの薬局勤務経験がある事務員は、
『当然の業務の一環』としてこなしているようです。

もしかしたら、全国的に行われているとしたら、
私は全く別の職種に転職することになるかもしれません。

もし、この事に関してわずかでも
見聞きしたことがあるかたは、
コメントやTBなど、なんでも構いませんので情報をください、お願いします。





1/21 PM追記:
以下のリンクを発見。

薬局のオモテとウラ
何かをすれば何かが変わる
たっても、すわっても芍薬

2/1 追記。
TB送ったのにもかかわらず、リンク漏れしていました、
大変に申し訳ありませんでした!
ふとももおれてたー」さま「薬局におけるピッキング
また、薬剤師さん側からの意見として大変参考になる記事にリンクしていただきました。
ありがとうございます!
その資格に期待されているものは

スポンサーサイト

2008.01.21 | 自爆覚悟?!薬局暴露話 | トラックバック(0) | コメント(8) |

あ~!!

漢字の間違いが・・・

2008.03.13 10:11 URL | syakuyaku #- [ 編集 ]

最近、ブログの更新を怠っていたため今更ですが・・・TBありがとうございます。

「ピッキング」、嫌な響きの言葉ですね。
現在の法制度化では、個人的にやりたいとは思いませんが。。。

薬剤師が一人で運営しているような薬局では、違う誰かの手が入るというのは、ある意味安心(安全)というような気もします。(基本的には、そういった薬局を利用したくはないですが…)

現状の処方せん受付枚数○○人に対して、薬剤師○人という基準の他に「薬局の営業時間内に薬剤師○人が勤務していること」といった基準のようなものがあればいいような気がします。

基本的には、テクニシャンという制度(資格)でも十分だとは思いますが。

2008.03.13 10:07 URL | syakuyaku #- [ 編集 ]

@DRKさま>
ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありませんでした。
以後きちんと注意書きを熟読します。

そして、ご意見ありがとうございます。
今後の動向も含めて、きになるところですよね。
安全とスピードの両立というのは難しいところだとおもいますので
法律も慎重に協議して、薬剤師さんの負担が少しでも減ってくれれば、と…。

コメント、ありがとうございました!

2008.02.01 10:59 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

tbが飛びませんでしたのでこちらに失礼します。

少なくとも私が勤務しているところでは、医療事務さんなどによるピックはありません。
制度上違法だから反対のスタンスですが、テクニシャンがまともに制度化されるならば、そこは受け入れられると思います。

あとtb頂いたのですが、基準外なので非公開にさせてもらってます。
当blog右ツールバーをご覧ください。

2008.01.31 23:57 URL | @DRK #wr80fq92 [ 編集 ]

お疲れ様>
(↑ナイスハンドルネームですね!(^^)b)

こちらこそ、TBさせていただきありがとうございました。

たしかに、ピッキングという言葉は響きもあまりよくありませんね。
錠前開けを連想させてしまうというか…。

記事を拝読して初めて
「テクニシャン制度」というものをしりました。
確かに、薬剤師の補佐をするべく“専門的な教育”を受けた上で
監査の手前までの作業をすることは、現在の人員不足を考えても有効なことだとはおもいます。
むしろ、早急に実現してもらいたいですよね。

それこそ「右も左も」わからない事務員が入ってきて突然「軽量調剤」をやらされる、というのは
どう考えても危険な行為だとおもいますし。

そして、制服の差別化もいいアイディア!
カウンターに座っていると、患者さんにとってはまったく違いがわかりませんからね…。
経営者にお伺いを立ててみます、はい。

貴重なご意見、本当にありがとうございました。
大変勉強になりました!

2008.01.22 00:02 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

 はじめまして。TBどうもです。

 個人的にはピッキングという言葉はあまり好きではありません。「計数調剤」でしょ、と思うのです。
 テクニシャン制度のことを思うと、薬剤師が係わるべき専門的業務のレベルがまだまだ低いように思いますので、ピッキングが大目に見てむしろそちらを充実させるべきではないか、服薬管理のレベル向上が急務だと思う反面、薬剤交付を主眼として安い労働力を生かしているにすぎない現実に、わりきれなさも感じています。

 俗な方法ですが、事務スタッフの服装を薬剤師と明確に区別してみてはいかがでしょうか。

2008.01.21 16:55 URL | お疲れ #- [ 編集 ]

>よっしー
コメントありがとう。
確かに、さまざまな業種で法律スレスレ、もしくはアウトなことがあるのは
ほかの業種もやったことがあるのでわかるんだけど…
たとえかぜでかかってきた患者さんでも、
命にかかわることだから、軽く考えたくないんだ。

小児病棟で仲のよくなった友達が、薬の副作用に苦しみながら死んでいったのをみて
何もできない自分がイヤで、この仕事を選んだのもあるかもしれないけど…

でも、どんなささいな病気でも、病気は病気。
患者さんの気持ちにたたなければ医療はやってはいけないとおもうのです。

こちらこそ、へんなこといってごめんね><

2008.01.21 13:37 URL | にれとも #tUEYA2/g [ 編集 ]

確かに違法行為であることは理解できる。
が、しかし、そのようなことはどの業種でも形・方法・取扱品目の差こそあれ、存在するでしょう。
それを許すことが出来ない【ネコ】の気持ちも理解できるよ。
でもさ、世の中、綺麗な事・正しい事・裏の無い事だけでは成立しないのも事実。
嫌ならやめればいいと思う。
でも、次の新しい職種・職場でも矛盾や違法性を感じる事があると思う。
その時はどうするのか、、、疑問です。

ゴメンね・・・フォローできなくて;;

2008.01.21 02:16 URL | よっし〜 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://niretomo.blog22.fc2.com/tb.php/382-7f62000c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。