上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

総画数が何画かを数えるのすら嫌になるタイトルです。

そんなこんなで
今週の初め当たりから風邪をひきはじめました。
('A`)ウヘァ

週明けぐらいから声がステキに
イタミンボイスになっていて
思わず

「お掛けになった電話は~(゚Д゚ )」と

自分で録音してしまおうかと思ったぐらいでしたが
(元ネタ:木目木奉「女王の宮殿」)
仕事休んで何やってるんだと思わなくもなかったので
ギリギリの理性で寸止め。
よくやったよ私の中の芹沢クン。

しかしそんな健気な芹沢クンを吹っ飛ばすかのように
イタミ風邪(どんな命名だ)は猛威をふるっております

一日休んだぐらいではダメだったようで、
金曜日からぶり返してダウン。
ぶり返すというか、結果的には無理して動いたため

気管支炎に発展する罠
'`,、 (;´∀`) '`,、

まあ、肺炎にならなかっただけマシか。
中学生ぐらいまでよくマイコプラズマ菌の所為で
病院に一週間ぐらい放り込まれて(´・ω・`)ショボーンになってたりしましたが。

とりあえずこの場を借りて。
あの日あの時あの場所で

血痰まで吐く「労咳か?!」と思うような
壮絶なセキをしながらものすごいダミ声で
『お大事にどうぞ~~』と言われた患者

の皆様、スイマセンでした(爆

ホント、誰もが皆ツッコミたかったと思います、

オマエモナー(=゚ω゚)つ)゚∀゚)グァ

と。
わかーる、わかルよ、キミのきもちぃ。
だって自分が一番そう思ってたもん(ノ´∀`*)テヘ

テヘじゃねーだろ!

と、代わりに力一杯自分でツッコんでおきます。
その罰として、耳鼻科で
「容赦のない鼻に金属棒ブチコミ&洗浄の刑」と
「喉奥にルゴール塗布の刑」を重ねて喰らったことを
ご報告しておきます。

特に前者は反射的に涙が出るほど痛かったです。
直後に鼻をかんだら案の定出血です。
しかも症状は全く改善されず。
その処置に意味はあったのか。

泣きながら会計に向かいました。文字通り。
外待合室の皆様に、同情と憐憫をこめた眼差しで見られました。
この中の何人かは私と同じ目に遭うんだぜフハハハーと
なんだか悪役の捨て台詞めいたことを考えていたことは内緒です。
どちらかといえばトサツ場に連れて行かれる(以下略

一応大人でもこんだけ痛いので、待合室に

「子供の保定の仕方」

が、いっそ不気味なほどに詳しく
解説されていた
(写真付きで)ことが激しく納得できます
これは暴れます、間違いなく。


…結局風邪は気管支まで進行していたのだから
この際「喉の吸入処置をしてくれるから」という理由にこだわらずに
内科にかかった方が痛くもなかったしよかったのでは

実に基本なコトに思い至ったのは
投薬待ちをしていた時でした。
結局3日間安静とか言われたしね。
咳が続くようなら入院とかいわれたしね。


いろんな意味で後手後手に回っております。
医学知識が全く生かされていない、素晴らしいケースです。

職場復帰はあさっての予定ですが、多分まだ

死にそうに咳をしながら『お大事に!(´∀`)』と
引きつり笑顔で言うことになると思います




『世の中は実に欺瞞に満ちているのだよ、関ロ君。』<ぇ



P.S.木目木奉コンテンツに新企画発足。興味のある方はドゾー。


スポンサーサイト

2007.04.21 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(1) |

女王の休むのかー

2007.04.24 13:56 URL | BlogPetのまちゅりん #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://niretomo.blog22.fc2.com/tb.php/330-b1776bd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。