上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

本日は、ソウルメイツのいつもの二人といつものデートでした。
目的は景品目当てに(?!)早くも10月頃に前売りを購入したナルニアを鑑賞すること。
デートといえば気合いの入ったオシャレですね。
勝手に決めてますけど。

ちょっと前におとっつぁんにスリスリとすり寄っておねだりし、
黒いちょっとカワイめのピーコートを「割引だから!だからだから!」と連呼して買ってもらったので
それに合わせてプチ海軍コスをしようと企むも
合わせる予定にしてたオフホワイトのストレッチクロップドパンツが
ウエストのボタンが留まらないという不幸に襲われ…。
まんまジャック・オーブリィでぐうの音も出ません。
悲劇というかむしろ喜劇じみています。

仕方ないのでブーツに黒いランダムプリーツスカート合わせたら
ただの魔女っこコスになってしまいました('A`)ウヘァ
「白い魔女」を見に行くのに「黒い魔女」スタイルとは
結構いい度胸というかアホと違うかというか。

自分については深く考えずにそのまま映画館に突入です。
ただし、本編始まるまではいろいろ考えてました。
原作のC.S.ルイスは、かのトールキン教授と同じ
「本格的な独自世界を持つ文学としてのファンタジー」をめざし、
ミヒャエル・エンデなどとも並び称される巨匠ですが。
小学生の時にエンデにガッツリとはまり、関連作品として
ルイスに手を出して、世界が広すぎて作品迷子になった記憶があるぐらいです(苦笑
一体何年前の記憶なんだか・・
でも、オトナになってから知ったトールキンの広大な神話世界には
結構自然になじめたので、今回もいけるかと予想しつつ…

予告の「ファイアーヲール」のポーノレ・ベタニと
PoCのジョニ/デ@ジャック船長の、ふたりのヘロったカワイらしさに
萌え過ぎて脳みそが初期化される


∩( ´Α`)< 先生、ここにホンモノのアホがいます!!

(以下ネタバレあり)

続きを読む

スポンサーサイト

2006.03.25 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(1) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。