上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

王・朝 に萌えている同志へ>

ものすごい私信+ものすごく今更なんですが

ランス口ッ卜の衣装初期設定はキルトだったが
いざ履いて取ってみたら、ミニスカひらひらさせてる
女の子にしか見えなくて、レザーパンツになった

っていう公式設定はもう常識なんですか(;´Д`)
ソース

本人は「みんなが『これはちょっと…』っておもうくらい似合わなかった」と語っていますが
それは翻訳すると

「みんなが『これはちょっと(´д`*)ハァハァ…』って思うくらい
* 萌 え *だった」
ってことでFA?

海外のインタビューとかみても、キルト履いてたり履いてなかったりする理由をみんな口をそろえて
この話を(・∀・)ニヤニヤしながら語ってますが何か
ああもう今更萌えてどうしろっていうんだ!(逆ギレ
スポンサーサイト

2005.11.22 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ジャ~~~ン!!
ジャジャジャジャジャ~~~ン!


意味不明に始まってますけど一応、ファントムのテーマです
DVDをやっとこさ借りてみました
本当は劇場まで行きたかったのですが、予定していた日の朝に
何故か突然熱が出て泣く泣く諦めた思い出が…
おお、こんな所にもファントムが!(←絶対違)

それにつけても

口イド・ヰーバーって天才ですね
見た目ものすごいオタク入ってますが(余計なお世話です)
主旋律は「ファントム」と「くりすちーぬ」「ら売る」
それと「マスカレード」の4つだけなのに
パズルのようにバラバラにしたり組み合わせたりして
全てのシーンにあうようにカンペキに編曲
そうすることによって統一性と奥行きがしっかりと出ています
ほんと、ミュージカル界の申し子
映画では、舞台では表現できない細かい設定や
立体的な映像表現や特殊効果が使用が出来、
この作品ではそれがうまく生きていたかな、と
でも、わざわざ時間軸をズラしたエピソードを入れる必要はなかったかな…
余計話がややこしくなった上に、なんだかテンポが間延びしていました
あと、同じ舞台でも演劇になじみがあるせいか、どうしても

おまいら今歌ってる場合ですか?!

とおもって折角のいい演技&歌にも集中できないことしばし
やっぱり緊迫した場面はセリフだけでいいんじゃないでしょうか…
ムリに歌わなくても(苦笑
あと、小さい頃原作を読んで思い描いていた怪人よりも
ずっとオトコマエでビックリしました
なんか「顔の一部をヤケドしましたよ」ぐらいの勢いでしたね
うん、アレなら結婚してもいいかもしれないよ<え
しかしファントムのドーノレハウス趣味はちょっと似合いすぎてて笑いました

んー、とりとめのない感想でした
あれかな、やっぱり萌え要素がないと力入れて書けないのかも(爆
現金な自分に完敗

2005.11.22 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。