上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日のドクター↓
ティライ

ご唱和ありがとう、まちゅ!ティライストライッ!(゚Д゚ )
そのあとは「印度式!」「印度!」と連発していました
やっぱりインド大好きっこらしいです、ドクター
そのあとは「お友達のジャックと遊ぶ?」と首を傾げてきいてました…
そりゃ、是非遊んでください(笑

マチュリン・心の俳句:
発散や レンタルするなら ジャックだね
ごもっともで。

今日のマチュリン占い:
まちゅりん占い:ホレイショ殿運そこそこ
そんな事を考えている私のホレイショ殿の前で、音を立ててドアが閉まった。

( ゚Д゚)ポカーン なんかのドラマ?!
ドクターが何か面白いこと言ってたら遠慮無くコメントでご報告下さい、お待ちしてます。

ちなみに、ハヤオさんのホレたんの所でも
ドクターは天然大爆発してたらしいです…
ホレたんもなかなかグッジョブ(笑
スポンサーサイト

2005.11.30 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

本日は友人から『王・朝』を借りて鑑賞しておりました

前にレンタルで観たときは
「やたらフェロモンを振りまく王、そんな王に夢中のでっかい目をした騎士、
それと紐装備のみで戦う総攻め姫
という印象しかなかったんですけどね
紐だけって、あんた、それ「冒険者の服」とか「布の服」という
「初期装備」より防御力低いんジャマイカ?!と思った記憶が
あとの騎士?ああそういえば…
「坊主頭でボース、とか鳥を飼ってる「トリスたん」とかもうそうれはダジャレか?と思うような人が居たなあ」
ぐらいの酷すぎる扱い
…しかし、いろいろ資料(と称した萌えネタ)を集めた今でも第一印象は
映画の設定上あながち間違ってもいないのが怖ろしいところ

今回の鑑賞テーマはとりあえず
最強乙女騎士☆蘭子、がんばっちゃいますッ!
…(サブイボ)
ごめんなさいほんとすいませんわるのりしすぎましたでもはんすうしてまs(ry
でもホントに乙女。どうしようもなく乙女。
これはあれですか、中の人からにじみ出る何かなんでしょうか
プレイボーイを気取ってても、戦闘中にかっこつけてみても
涙目+上目づかいで「い、行かないでっ…」なんていった瞬間に
全てがおじゃんですよそれって計算ですか

ちなみにやっぱり、アレクサソダーに引き続き三角関係が大好物ですよ
しかも、普通のヤツじゃなくて
にっこりと王様が「ウチの『正妻』と『王妃』です」
と、紹介してしまうようなそんな関係が好き(爆
はっちゃけた王夫妻に挟まれて右往左往する愛人、というか…
たとえていうならこんな?↓
3人組


…ドコまで暴走するんだわたし!モチツケわたし!

あ、そういえばF4。↓

続きを読む

2005.11.29 | お気に入り俳優関連 | トラックバック(0) | コメント(4) |

朝から我が家の「まちゅりん」先生に↓
まちゅ

誘 い 受 けされてびっくらこきましたこんにちわ
このあと寝言で「助手か…」とつぶやいてました
欲しいんですかね?助手。ネコの手も借りたいとはこのこと…?
ちなみに、ブログペットを手がかりにネットの海をさまよっていたところ、なんと

ねずみのホレイショ殿と
パンダの『ジャック』殿を発見!!

もちろん、ジャックはあの金髪さんですよ(笑)
うわーい、やったぁ!ということで、失礼を顧みず喜び勇んで友達になって頂きました
お二方、本当にありがとう御座いました(礼)
と、この場を借りてお礼を言ってみます
クリックして話して貰うと、ねずホレちゃんも、ジャックも、すごくそれっぽいコメントで爆笑してしまいました…
いいおともだちになれるといいな!

なにはともあれ

昨日は毎月恒例になりつつある、ソウルメイツとの
「ストレス発散フォ---!ドキっ☆ヲタ歌ばっかりのカラオケ大会」
を行って参りました
相変わらずお互いにアホやって爆笑しておりました…
この歳で「宇宙刑事シャ○バン」うたってるおなごはそうそういないと思うよ(笑
ちなみに、今回自分が歌ったネタ歌
・なぜかカッコになってる(なおたろう)
・「りん」とムキになってヒトトヨウ合戦
・印度式
・夕ッチ
・声でないのにムリムリ「少女革命ウ○ナ」
・KOU殻オープニング(うそ発音のロシア語で)
・巌窟王で「ティライストライッ!」

こんな感じだったと思います
全体的に君に比べればヲタ度は完敗だと思います>りん
あと、君たちの誕生日祝ってなかったのに
「今日は誕生日!今日は誕生日!」と連発して
無理矢理おごらせてホントごめんまそorz
今度の旅行で「なんでもない日の『おいわいのしな』」を買ってくるので
それで勘弁してください

…たぶんしゃちょうにはすごく変なシーサーあたりを買ってくると思います(笑

2005.11.27 | よもやま話 | トラックバック(1) | コメント(3) |

まちゅりんは演奏♪
いやバレまで影響しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「まちゅりん」が書きました。

2005.11.26 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(1) |

うまく投稿できるかな?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「まちゅりん」がテスト投稿の為に書きました。

ブログペットを導入してみました
重くなってしまったらごめんなさい
とりあえず、ふしぎ系キャラ、ねこの「まちゅりん」です
みなさんクリックして可愛がってあげて下さい~~

2005.11.25 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

(1)今日は母とお買い物に
助手席に座っていた私の膝に、自分のバックを乗せようとしたその瞬間

わたしの 口 唇 と母の手の間に火花

比喩表現でなく文字通りですよ、アウチアウチ!Σ(´Д`)
冬の静電気魔王が派手に到来。それにしても痛いよ…
口唇の皮膚って薄いんだな、と実感した午後の日。

(2)あきもせずDVDをまだみてるわけですが
巌窟王を(・∀・)ニヤニヤしながら鑑賞しています
なぜか3巻という中途半端なところから開始
明日返さなくてはいけないので、またしても舐めるように伯爵の指とか眉間のしわとか(以下略
で、ふとレンタルのケースの内側を観てみた

ジャンル:SF ロボット

7話現在、ロボの カ ケ ラ も あ り ま せ ん
なんか間違ってるよ、思わぬ方向にすっとんでっちゃったよ
「スペースオペラ巌窟王」…
もうちょっとこう…分類にもデリカシーというか心優しさ(?)というものが('A`)
言いしれぬ哀しみに襲われる夜。

(3)ちょっとわらったネタ
↓こうですか?分かりません!
ツンデレ


あと、まだ引っ張るらしい
愛しきアホの子(失礼)弱ァンネタ↓

続きを読む

2005.11.24 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今日はもらったチケットの期限が今月末までだったので
ウチから一番ご近所の動物園である、某ズー○シア(バレバレ)に
家族で行ってみたわけですが
初めて遭遇したイベントになんか微妙な気持ちになったわけで

こんなのが演奏してたんですよ
ズーラシアンブラス

公式ページ
存在は知っていましたが、実際に演奏を聴くの初めて

いや、アンサンブルは嫌いじゃないですよ
金管によるアンサンブルはちと微妙ですが
その上今日は夕方から一気に冷え込んだので、空調のない施設でやるには
金管楽器にはちと厳しい環境だったと言うことは確かで
そんなこんなをかんがみても、それでもなお

それは人に聴かせるレベルの演奏なのかと小一時間

やっぱり別に着ぐるみ着て演奏する必要はないっていうか
着ぐるみによる演奏への影響はどうなの?!とか
…着ぐるみ脱いでもこんな演奏だったらもうそれはフォローのしようもないとか
そんなこんなが渦巻いて、とても平常心では聴いていられませんでした

やっぱり普通にやりましょうよ


またもや王・朝同志へ私信>
昨日リンクしたインタビューで
「伝説の美男子としてのイメージを保つために努力した」
と弱ぁんが言ってましたが、なにをしたかっていったら

「毎朝一生懸命ビューラーでまつげをカールさせる」

ことだったそうで…→ソース
想像したらバカ可愛い上に可笑しくてたまりません!
しかもインタビュー記事を観るとわかりますが、やっぱり笑いまくってます、ハッハッハ!
そして美男子のイメージ基準が明らかに間違ってます(´Д`;)
あれですか、池田○代子キャラに近づけようと思ったんでしょうか
あと、あんまりにも女のこっぽさが抜けないのでヒゲを生やしてみたら
3ヶ月そのままにしたのにあの状態だったそうで…
女性ホルモン万歳<何が

2005.11.23 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(3) |

王・朝 に萌えている同志へ>

ものすごい私信+ものすごく今更なんですが

ランス口ッ卜の衣装初期設定はキルトだったが
いざ履いて取ってみたら、ミニスカひらひらさせてる
女の子にしか見えなくて、レザーパンツになった

っていう公式設定はもう常識なんですか(;´Д`)
ソース

本人は「みんなが『これはちょっと…』っておもうくらい似合わなかった」と語っていますが
それは翻訳すると

「みんなが『これはちょっと(´д`*)ハァハァ…』って思うくらい
* 萌 え *だった」
ってことでFA?

海外のインタビューとかみても、キルト履いてたり履いてなかったりする理由をみんな口をそろえて
この話を(・∀・)ニヤニヤしながら語ってますが何か
ああもう今更萌えてどうしろっていうんだ!(逆ギレ

2005.11.22 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ジャ~~~ン!!
ジャジャジャジャジャ~~~ン!


意味不明に始まってますけど一応、ファントムのテーマです
DVDをやっとこさ借りてみました
本当は劇場まで行きたかったのですが、予定していた日の朝に
何故か突然熱が出て泣く泣く諦めた思い出が…
おお、こんな所にもファントムが!(←絶対違)

それにつけても

口イド・ヰーバーって天才ですね
見た目ものすごいオタク入ってますが(余計なお世話です)
主旋律は「ファントム」と「くりすちーぬ」「ら売る」
それと「マスカレード」の4つだけなのに
パズルのようにバラバラにしたり組み合わせたりして
全てのシーンにあうようにカンペキに編曲
そうすることによって統一性と奥行きがしっかりと出ています
ほんと、ミュージカル界の申し子
映画では、舞台では表現できない細かい設定や
立体的な映像表現や特殊効果が使用が出来、
この作品ではそれがうまく生きていたかな、と
でも、わざわざ時間軸をズラしたエピソードを入れる必要はなかったかな…
余計話がややこしくなった上に、なんだかテンポが間延びしていました
あと、同じ舞台でも演劇になじみがあるせいか、どうしても

おまいら今歌ってる場合ですか?!

とおもって折角のいい演技&歌にも集中できないことしばし
やっぱり緊迫した場面はセリフだけでいいんじゃないでしょうか…
ムリに歌わなくても(苦笑
あと、小さい頃原作を読んで思い描いていた怪人よりも
ずっとオトコマエでビックリしました
なんか「顔の一部をヤケドしましたよ」ぐらいの勢いでしたね
うん、アレなら結婚してもいいかもしれないよ<え
しかしファントムのドーノレハウス趣味はちょっと似合いすぎてて笑いました

んー、とりとめのない感想でした
あれかな、やっぱり萌え要素がないと力入れて書けないのかも(爆
現金な自分に完敗

2005.11.22 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ´∀` ')< はくしゃく~~~~~
                 \_/  \_________
                / │ \〃´⌒ ヽ
              γ´⌒ ヽ ∩ 彡彡人))∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩彡人))∩\(´∀`' リ< はくしゃく~~~~~~~~~
はくしゃく~~~~~ >ツリ´∀`')/ |    / \__________
________/ |    〈  |   |
              / /\_」  / /\」
               ̄      / /
                     ̄

2005.11.20 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

カンソウっていろんな変換がありますね
…今回は「間奏」か?
まあそれはともかく、半額ありがとうキャンペーン(何
まいど恒例ですが真面目に検索する人のジャマにならないように
物凄く微妙に伏せてありますがそこはスルーでよろしく

●ボーソ・アイデンティティ&ボーソ・スプレマツー
妥当なスパイアクション
妥当すぎてツッコミどころもありません
ステータスとしてはこんな感じ↓
推理レベル:火サス】
【アクションレベル:あぶデカ

通してみても『マッド・デイモソは今売れている俳優です』という
主張のみが印象に残る2作
二作目に脇役のカーノレ・アーバン(工オメル兄貴の中の人)が、
主人公を狙うスナイパー役として出てましたが
張り切ってカッコつけてた割には仕事ぶりがシロウト過ぎて泣けました
もうちょっとこう…さ…、プロ意識を持ちましょう<ボーナス査定か
とりあえず、もう続編は作らない方がイイと思います
余計なお世話ですけどね

●ナショナノレ・卜レジャー
妥当なネズミー冒険映画
妥当すぎてつっこむ気力もありません
ステータスとしてはこの程度↓
【謎解きレベル:ズッコヶ3人組】
【アクションレベル:石坂コウジの水戸/黄門】
【ドロボウレベル:ノレパンしゃんせー】

通してみても『二コラス・ヶ意地の生え際はもうアウトだろう』という
印象のみが脳裏に焼き付く作品
ちなみにこの作品の半分はプロデューサーのブラッカ今ーの妄想で出来てると思います
でも脇役のショーソ・ビーン(ボロ三ア兄さんの中の人)の
脇役ぶりが板に付きすぎていていて心配になるほどでした
かっこ悪い役なのに格好良く、そしてセクシー
脇役ばっかりがカッコよかったり可愛かったりする(女優にあらず。助手ッコね)のは何故なんだ
あと、アレキサンダーより
カワイイ子役<<<大切な何かをどこかに失くす<<<Σ(゚Д゚)な成人俳優
というムリのある成長過程が衝撃
余計なお世話ですけどね

●力ンフー・八ッスノレ
『スゴイよ!マサノレさん』とかその当たりの不条理マンガを
実写化したらこうなるんでしょうね、という作品
いい感じに不条理ギャグ成立してます
はふ~ん、と鼻から力が抜ける感じで好きです、こういうの
ワイヤーアクションのある意味正しい使い方をこれでもかと見せつけています
そうだよ「HERO」はこっちを目指すべきだったんだ<え
ちなみに、何がスゴイって、この映画を日本で公開するために持ってきたチャウ/シソチーのコメントがすごかった

最初から最後まで格好いいカンフー映画を目指して作ったら
 なぜか観客にはコメディーとして写ったようだ
 結果的に楽しんでもらえるのなら何でも良かった
 今は反芻している(要約)


彼はもういろんな意味で天才だと思うよ
…あの殴られる前からめり込んでるっぽい顔を含めて(失礼)

●エクソツス卜・ビギ二ング
シブさがみりょくのステラン・スカルスゲノレードと
王アーサーでセノレディックやってました。あと、ポーノレ・下手ニーの親友で息子の名付け親<関係なし
クラシカルなびじんさん、ジェームズ・ダーシーがしんぷさんのコスをして
言わずとしれたプリングス副長の中の人。ちなみに「新婦さん」ではない)
ちょっとした「いんでぃ・じょー(ry」ごっこをしたり
こわいおもいをしたり、したいにおどろいたりするおはなしだよ
がめんはこわくないけどおとがこわいよ
よいこはねるまえにみたら「といれ」いけなくなるからやめようね

 

2005.11.19 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(3) |

ようするに仮眠!寺井ストライ!』(´Д`)♪
巌窟王

と、↑の主題歌を歌い上げつつ、放送終了して軽く3クールは経つのに自分の中でリバイバル

巌 窟 王マンセーー!
何があったかというと、レンタルビデオ屋のアニメDVDの棚眺めつつ
自分の中に問いかけてみたわけですよ、なんとなく
「いやー、最近のアニメのこと全然知らないなー、
お、巌窟王か、DVD結構出たなー…もう7巻か…って
前半、わたし 観 て な い!!Σ(゚Д゚)」

そんな大事なことに今頃気が付いてどうしようというのか
さんざん「萌えた」だの「昔の友達と本だすか」とかさんざん盛り上がって置いてこのていたらく
しかも13話ぐらいまで観てないらしいって話ですよ奥さん

も う ね ア ボ カ ド バ ナ ナ か と!

反省の意味をこめて1~5巻一気借りです
ホントスイマセンでした伯爵…_| ̄|○
気合いを入れて観ようと思いますよ
まあそこまでする必要もないかもしれないですけどねははは
だって他に萌えてくれる人が居ないんだもん…
これもまた深夜のマニアックなアニメの宿命か?

ちなみに、オンラインゲームをプレイし始めて約半年…
やっとこのコスプレ↓
gameabata.jpg伯爵
の意味を理解してくれる人が現れました!!
よかったーー!
「伯爵顔色悪いよーΣ(゚Д゚)」
のネタが分かってくれる人がついに(笑
某キモス姐さん、同志になってくれてありがとう!そしてDVD観るの思い出させてくれてありがとう!(爆

続きを読む

2005.11.17 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昔からよく言われることに
君は気配がない」ということがあります
自動ドアに無視されるのはいつものことです
むしろ無視されないほうが珍しい
なので、当然人間様にはもっと気づかれにくいらしいです

よくあるのは友達やその他ツレと一緒に歩いていて、横に普通にくっついて歩いてるのに
相手がきょろきょろ辺りを見回し、わたしに気が付いて
ぎゃ!いつからそこにいたの?!」
ずっと一緒にいたよ…(´Д⊂

家族の誰かが帰ってきても、部屋から「おかえり」と声を掛けてそのまま部屋にいて、1時間後ぐらいに部屋から出たら
「え、居たの?!」

仕事で下の方の棚の中身を黙々とチェックしていたら
右往左往する他のスタッフにけっ飛ばされ
「ご、ごめん、全然気が付かなくて」

友達の家に遊びに行って、台所の隅で猫と世間話してたら
「わあびっくりした、人間だった!」

それでも…こんなことをふまえても…
昨日言われたこの言葉に比べればなんてことないさ…

家の中に母の姿が見あたらなかったので
ベランダに出て作業をしているのかと思い、ベランダに続く網戸をがらっと開けた
思いっきりビクっ!と飛び上がって母が一言

「うわ、虫かと思った

虫…_| ̄|○

2005.11.16 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

突然ですがわたしは11月生まれです
んでもって、この季節になると「○○が欲しいなあ」という希望が
イロイロと切実になってくるわけで
そんな時期に「オモチャ」というカテゴリを眺めることなんて
ここ*十年来なかったわけですが

↓こんな物が気になってしょうがない今日この頃
ゴム博士ー!


ゴム博士フィギュアですが、
前後に展示されている仲間と比べて
なんなんでしょうこの一人だけすごく気色悪い感じ
これはすでにイジメのレベルに達してると思います
イジメ、かっこわるい!(;´Д`)

…でものばしたい
手足をみにょ~~~~~んと、思いっきり延ばしてやりたい…

吉○戦車の「いぢめて君」と同じくらいの破壊力を感じます
…真の能力はその精神攻撃にあるとしたらまさにファンタスティック

2005.11.15 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

アレキサンダーをじっくりみて感想リベンジ
前回見たのは父が借りてきたビデオの吹き替え盤だったので
「俳優の演技は本人の声で」をモットーとする自分としては
やっぱりゆっくりと見直したい気持ちもあったのです…という
言い訳をしてみる罠

いや、何がゆっくりじっくりみたかったって、そりゃあ

王と王妃(男)と王の愛人の三角関係

三角関係、大好物ですYO!
世界の中心で叫んでもいいぐらい大好き<叫ぶな
先回見たときは、ぶっちゃけ最初の方
クレイトスとヘファイスティオンの区別が付かなかったり
ヘファイスティオンとバゴアスを間違えてビックリ(←え)したりと
ちょっとさんざんだったので、今回はちゃんと確認しながら
あと、脇で喋ってる人の声もチェック(笑

じっくりみてて気になったこと:

(Ⅰ)ヘファイスティオンの鎧のカラーリングが某セーラー○ーズ
…上のブレストアーマーの部分は白地に赤ライン。
ミニスカ(仮称)はプリーツで赤かった
足がツルすべでキュっとしてるのは「監督命令で全員足は脱毛」という事実を差し引いても
おまいさんは戦場で一体何を目指そうとしているのかと小一時間(ry
作戦会議中のシーンでもばっちり太股アップです
ホントに王妃の貫禄・・・

(Ⅱ)強お母様、ちゃんと異邦人らしく英単語の[R]を全部巻き舌で喋ってます
すごいなあ
いくらプロの女優とはいえ難しいだろうに、アクセントどころか
全部の単語の綴りをきちんと把握していると言うことでしょう
やっぱり迫力だけで売っているわけではないと、改めてリスペクト

(Ⅲ)ヘファイスティオンがアレキサンダーを観てるときは、
無表情ながらも瞳の表情だけが変わっている

これも俳優さんの演技力でしょうか
いっつもまさに「アルカイック・スマイル」を浮かべたまま
どんなムチャクチャを大王が言い出しても包み込むように微笑んでますが
そのときに応じて同年代の友達らしく目だけで苦笑して見せたり、
恋人のように甘さを含んだ目線だったり、
多分金髪王が本当に望んでいた『無償の愛』の究極である「母性」を含んだ慈愛のまなざしだったりします
特に、臨終の時の「君を残していくのが心配だ」のセリフの時はまさにピエタ

(Ⅳ)バゴアスのフェロモンは*最終兵器*
コワイヨコワイヨ
あれはすでに精神攻撃の様相を呈しています
ペルシャの応急での流し目とか本当に心臓に良くないと思います、直撃したら…
しかもインドでのダンスシーンはまさにエ ロ 過 ぎの一言につきます
あのシーンだけですでにR-18
よい子は将来まともな恋愛が出来なくなるのでみてはいけませんよ
それにしても、あの異常にキレイな立ち姿に筋肉の付き方、
最初のステップを軽々踏んでるところや、難易度の高いスプリットを
スッキリ決めているところ、そして何より
激しく美しいフェッテと完璧なグラン・ジュテ!(*´д`*)
ぁぁん、もちろんパッセもプリエもトレビアn(ry
絶対この人ダンサーだー!ダーーーン!(指さし
という勢いのままに調べてみましたら、「Francisco Bosch」という
元バレエダンサーの方だそうで(公式サイト
なんとなくモ-リス/ベジャ-ルのカンパニーで見かけた気がするのは気のせいでしょうか
あのヤバいぐらいのエロティシズムを感じる振り付けはそれっぽいですが
あんまりプロフィールが載ってないので分かりませんでしたが
…それともロンドンでプリンシパルやってて、某熊○氏と一緒に演ったりしてたあのボッシュ氏と同一人物でしょうか??
バレエは最近あんまり調べてないので詳しくない・・
情報を求めてみるテスト

続きを読む

2005.11.14 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

友人から業務用バター(板状1000g)をもらったので
さっそく、スコットランド式スコーンを焼くことにしました

レシピは簡単
バター 1: 粉 2.5を基本にして
ベーキングパウダー大さじ1、砂糖は大さじ3。
バターに塩が入ってないなら塩をひとつまみくわえ、
ふるった粉類をフードプロセッサーに入れ、
そこにキンキンに冷やしたバターを角切りにして投入
スイッチを入れてバターが粉としっかり混ざるまで回し、
ボールに移したら湿度を見ながらティースプーンに少しずつ牛乳を落として
ゴムべらで捏ねないようにまとめるだけ。
あとは200度のオーブンできつね色になるまで焼きましょう

そんな非常にアバウトな習い方をしたもんで

どんなできあがりになるか本人にも分からない罠

久しぶりにやった上に、初めてフードプロセッサーを利用して
作ってみたので、焼き上がったのはこんな感じ

スコーン?


一応、「プレーン」と「ココア入り」を作りましたが
…なんていうか、見た目通り食感は
イングランドスコーンとビスケットの中間
まあそれはそれで美味しいのでよしとしますが
明らかに失敗です…。敗因は明らか
ベーキングパウダーが古すぎて効果無くなってたらしい

お菓子作りをさぼったツケがこんな所に…_| ̄|○
膨らまなくてものすごいオールドファッションな感触
おかげでパサパサ感はなく、サクサク感とカリカリ感のみが残る
おもしろい一品となりました
まあ、とりあえず紅茶には合うのでよしとします


私信:
某弟、こんなもんおしつけてゴメンww

2005.11.12 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

近所の某レンタルショップの
半額セールがなければ生きていけないカラダになりつつある
今日この頃ですこんばんわ
すばらしいですね
1枚借りてガマンするところが2枚ですよ奥さん
でも攻殻の3rdサントラは速攻借りられててものすごいがっかりでした
なら買えって話ですが貧乏人ですからそこの所ご容赦



今回もしこたまDVDとCDを借りたわけですが
このところ自分の中でサラ・ブライト/マンがリバイバルフィーバー(古)
で、今まで手を出してなかったミュージカルナンバーのベスト盤を借りてみました

声 が 若っ!Σ(゚Д゚)

いや、「La Luna」とか「EDEN」とかばかり聴いてたせいもあるのでしょうが
低音がなんというか、こう、ピチピチとしております
みなぎる若さとハリとうるおい(なんか違う)
う、うらやましい…
高音のロングトーンに関しては、現在のほうが断然透明感も安定感もあるのは、
さすがというか、才能に溺れずに努力してるんだなあ、と感じて
プロ根性と芸術家魂を見る思いでひたすら感服でございます
進歩するってこういうことですよな
世界のトップクラスと呼ばれるのはやはり才能だけじゃない
かっこいいなあ、これぞまさしく一流
そしてこれぞまさしく音楽。

昔の、クワイア時代の自分の声が入ったテープを聴いて
懐かしくなったり青くなったりしてる場合じゃありません
だって、進歩すべきところが退化しまくって

もはや 歌 え な い

今までの人生をムダにしない(大げさ?)ためにも、
ちゃんと発声ぐらいは続けようかと思ったりして
…たぶんそれもまた三日ボウz(ry

2005.11.11 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(4) |

秋も深まりそろそろ夏…のはずが

日差しが全く妖怪に優しくない今日この頃
日焼け止めは年中無休で塗る習慣はあるのですが
さすがに11月なので日傘は差さずに外に出ると
危うく灰になりかけますよどうしてくれるんだ(何
一瞬「ハイになりかけ」と変換されましたが、
脳みそがアヒャ(゜∀。)っとなるという点ではあってるかも

とりあえず、半分死にかけてるような(?!)人間モドキには
もうちょっと爽やかな寒さのほうが過ごしやすいわけで
今までの日記も秋っぽかったのですが
もっと「冬を呼べるように」、アコガレのバーバリーチェックのスキンを見つけたため
サクッと変更してみました

マフラーが巻ける季節よ、早く来い

2005.11.09 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ちょっと言いたいこと。

現代に生きる人間にとっての男女差って、
『脳みその働き』だと思うんですよ


もちろん、生物学的にいえば
一細胞として誕生した瞬間に、染色体XとYが1/2の確率で
ホルモンのバランスを決め、雄雌を決定するわけですが
社会性のある動物として分類しても、人間はさらに上の、
精神的社会を中心に集団生活を営み、
『文化』という生命活動からより進化した物に重きを置く
現在の日本の社会体制のみを注目してみるならば
人間の種の保存よりも、個体の生命活動そのものが
重要なこととされているのではないだろうか

と、すると、自然界では「子孫を残さずに死ぬ」というのは
いわゆる本当の意味での「負け組」になるわけだが
文化的に生きようとすればするほど、
「より自分であることを他個体の記憶に植え付けること」
こそが「勝ち組」になるのではないかと思う

友人のブログ
「女性のグラビアやピンナップは、性を商品にする男性のいやらしさの現れであって、女性差別だ」という
とある教師の意見が書かれていましたが
貧しさ故の売春ならともかく、果たしてグラビアモデルは性差別なのだろうか?

顔や身体の造形が生まれつき美しい、というだけでは、モデルにはなれないことはどう考えても確かなこと
そこにはいろいろな努力や「プロ」としての技術もあるだろう
それを全否定して「これは性の商品」であって、全てを悪と決めつけるのは
完全に短絡思考であり、感傷的である、といわざるをえない

昔の精神医学ではこれを「ヒステリック」と言っていた
要するに「女の思考回路というのは『子宮』つまり
言葉で説明できない『感情』のみで構成されている」という説
さすがに子宮は行き過ぎだろうが『感情のみ』で判断を下す愚かさは、
確かに「女性的な脳」のなせる技だと思う

最近の政治家だとか、トップ達はちと「女性的な脳」が多すぎるのではないだろうか?
もうちょっと、理性に目を覚まして頂きたい

2005.11.08 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日は朝から貧血&低血圧のダブルコンボで、ものすごく
絵に買いたいようなダメ人間生活を送ってしまいました
おとおさん、おかあさん、布団と一体化しちゃうような娘でごめんなさい

そんな状態でも、萌えのモトをもとめて、
映画関連の情報を流し読みしてみたりして
ポータルサイトとかに、俳優の特集などが載ってたりしてプチトリビアを仕入れてみる
そう、ホントにどうでも良い情報、たとえば

弱ァン・ぐりひすはド近眼で、普段はビン底メガネっこである
とか、そういうどうでもいいこと

あとは、アレキサンダープレミアの写真を見つけてみたり
プレミア

…なんでしょう、この画面から漂うアンジェリーナ総攻めの力強い押し出しは…
そりゃムリですよね、いろいろと(何が)
有無を言わせぬ総攻め感といえばこの夫婦

べたに夫婦

……この夫婦の名言
夫「ウチの奥さんが(ラッセル)クロウの妻役ができないときは、
  ボクがやることにしてるんだ」
妻「でも、彼がやったときキスシーンが無くてわたしはがっかりだったわ」
夫「うん、確かにね」

あと、子供が生まれた時の感想を聞かれて「ボクがかわりに産みたかった!」という名言を残したダンナでもあります
理想的ですね、ホントに幸せになってもらいたいです
普通の人とは違う方向で(笑

2005.11.07 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(3) |

昨日あんなに決意したのに
今日は結局一人で2度目見れなくてがっかり(´・ω・`)
なので、所々記憶違いはあるかもしれないけれど感想に挑戦
たまには「何故萌えるか」について、精神心理学専攻の友達との考察も交えて
真面目に考えて書いてみようかと思いますよ

冒頭部分、幼少時代のアレキサンダーの状況がかかれる
不仲という言葉では言い表せないほどいがみ合う両親
征服された国の高貴な生まれである母は、まるで戦利品の一つ、
物であるかのように父親である王に扱われる
それを常に目の当たりにし、父への怨みを子守歌に育つ
母の心のよりどころは周りとは違う宗教であり、子供には原始的な恐怖心をあおるであろう蛇
加害者である父と、被害者でありながら同時に自分への加害者である母に挟まれ、
そこからの逃避として、勉学や運動、そして友人との交遊に全勢力を注ぐ
特に彼の生まれたギリシャは、神話や伝説が花開き、哲学が成長しはじめた、
文化を学ぶ環境としては最高の状況にあった
現に、「イーリアス」を何度か引用する場面も書かれている

思春期になり、自分の世界を持つようになると、恋愛感情が芽生える
自分を真に理解してくれるのは、親友であるヘファイスティオンだけであると感じ、恋に落ちる
彼の思想の基本となった学問の師はかのアリストテレスだし、
当時の時代背景としてはさほどアブノーマルとは取られていないようだが、
その後もまったく女性に心から揺さぶられるほどの感情の動きを見せていないところから
完全なエディプス・コンプレックス、つまり父と母という基本的な男女に対する抵抗があるため、
男女の婚姻関係と言うことに強い嫌悪感や不信感を抱いていたのではないか、という心情が深く掘り下げて描写されている
その表れとして、歴史上では「恋愛感情に突き動かされ、正当な手続きを取って異種族の娘を王妃にした」と解釈されている、
ロクサーヌとの結婚についても、恋愛の華やかな空気はそこには全くない
そして「子孫を残すため」という理由を述べてはいるが、真意に関しては全く不明のままで残されている

母へのコンプレックスは、女性への不信となって現れ、
一方、父へのコンプレックスは仕事、つまり統治者としての父を越えようとするがむしゃらさで現れる
一心不乱に軍を駆り立て、征服し、領土を確実に広げる
そしてついには世界強国として当時君臨していたメディア=ペルシャ帝国との直接対決に至る

圧倒的な力の差に怯える軍を前に、的確に指示を飛ばし、大胆で戦略的なアイディアを展開し
そして檄を飛ばして兵達の士気を高めているその姿は
まさに歴史に名を残すにふさわしい猛勇さをたたえている
大いなる敵に突撃するまでの緊張感を、この映画はとても効果的な演出で高めていると思う
そして、一切の美化をすることなく、ありのままの戦闘をリアルに書き出しているところは
この監督の持ち味を生かし切っているといえるだろう

その後、遠征するアレキサンダーと彼の軍達の確執、そしてあまりにも遠くへ来てしまったが故の切迫感は真に迫る物がある
特にインドでの戦闘は、まるでベトナム映画のゲリラ戦のような悲惨さであり、圧倒的なグロテスクさ、不条理さを醸し出していた

この作品を、英雄の伝記(ヒロイズム)映画としてみれば失望するかもしれないが
反戦映画、とくに『戦争という究極の破壊行為によって英雄は生まれ得ない』というメッセージが深く込められているように感じた

世界史の英雄、という概念を考えさせられる作品

以下、ふざけたツッコミ

続きを読む

2005.11.06 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(1) | コメント(5) |

今日は脳みそにとって大変な一日でした

まず朝起きてから、水を一杯一気飲みし、
血糖値を補うべくバナナを食べ、
ごろごろしてみたりうだうだしてみたり
かと思ったらおもむろに気功とストレッチをし、
シャワーを浴び、髪の毛をぶぉ~~~っと乾かしてみても…

全然血圧があがらない

血圧が上がらないと言うことは当然頭に血が巡らない
頭に血が巡らないと言うことは人間らしい動きが出来ない
いわゆるスライム化
ああどうしよう、今日はソウルメイトと出かける約束してるのに
あっという間に時間は刻々と過ぎ
起床から3時間経つも顔は真っ白まぶた裏も真っ白
しょうがないので頭がスライムのまま、
身体にだけは血を巡らせてどうにかこうにか待ち合わせに到着

~支離滅裂な言動をして振り回すことしばし~

やっと「人間もどきのバッタモン」ぐらいの
動きを出来るようになって一安心しておりました
その状態で某「あ○”ない刑事」映画を鑑賞し、
笑いすぎて呼吸困難になる

ゴメン、結構やばかったですね
そんな状態で家に帰ってきて

N○Kスペシャルのサイボーグ特集をかぶりつきで観る

攻 殻 の 世 界 が リ ア ル に

頭がオーバーフローしたままETV特集を観る

リストカットする子供、「夜眠れない子供」の現実を観る

もうムリ一杯一杯
明日、ブログは一つずつ消化します
明日まとめてやったってええじゃないか

2005.11.05 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

我が家はクリスチャンなので
必然的に聖書の歴史には興味を持ちます
なので、旧約聖書にガッツリ出てくるアレクサンドロスの立てた帝国に関する歴史もしっかりチェックしたいようで
おとっつぁんが帰りに『アレキサソダー』借りてきました
わたしもギリシャ帝国周辺の歴史は好きだし
アソジェリーナ・ジョソー大好きなのでかなりワクワクテカテカしながら観てました
途中まではええ普通に
しかし萌のネ申様は偉大です

和やかな一般家庭のお茶の間に
ガッツりとH○M○映画が!!!


先生!ホ○大好物なのに萌えるに萌えられません!!!
金髪王がぱんてぃらしまくりなのに、金髪王が男の愛人といちゃこらしまくってても!
鼻息荒くしてニヤニヤ画面を見つめるわけにはいかぬのです!
ヘテロの濡れ場を両親と一緒に観てしまった時より気まずいのです!
カツオブシを前にニャーいうな言われたねこの気持ちです
'`,、 ( ;∀;) '`,、

生殺しのままただいまも鑑賞中…
あとでこっそりみよう。
絶対観よう。

2005.11.04 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(5) |

今日はせっかくの休日だというのに
なにもする気がなくて(´・ω・`)ショボーン

…っていっても、無職人間に休日は関係ない罠

ホントは書くこともあったはずなのに
脳みそからスルー
…でも書くことといっても、たしか
昨日寝る直前にふと思っていた
「現代カトリックの『悪魔払い』と『聖遺物』」とか
「ダンテの『神曲』にみる聖書との天に関する見解の比較」とか
そういった類だから

多分誰も見ないんで無問題

キリスト教少なくてかなすぃな

2005.11.03 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

首の寝違えがなかなか治らないので
整体師やってる友達にメールで相談して見るってぇと
「右頸部捻挫」をしていたらしいですよ

首をグキっとひねるってどういう寝方をしていたんだい?

と純粋に興味深げに聞かれてちょっと哀しくなりました
いや、なんていうか、こう、切なくなるというか
…寝相に責任は持てませんやね?
純粋すぎる故に切ない、といえば、予定通り

「すげい4」と
「コンスタンティソ」ノベライズ


を購入いたしましたですよ
ノベライズらしく巻頭に写真が載りまくりですね
コンスタンティソ(以下都合により「コーンスターチ」略してコーン)は
設定が細かそうだったので、何となく確認してみたかった、というか
原作マンガまでは手を出せないけど、ノベライズならなんとかなるかと思いきや…
んー、台本上のカッとされた部分を追加して、状況説明が細かくなったり、
映画上では凄い勢いでカッ飛んでいくコマだとかの描写が入っていたりする、
という点ではいいですが、痒いところに今一歩手が届かない
…宗教・哲学・神秘主義マニア、という日本人には珍しいオノレ自身のバックグラウンドも関係しているのかもしれませんが
とりあえず、ガビーの口調は素敵でした
あと、ノベライズになっても

ルー様の魅力に一点の翳りもなし
素敵!おとうさま素敵!(某CM口調)
コーンスターチノベライズ結論:帯に短したすきに長し

「すげぇ4」に関しては内容は一言
ゴム博士ファンブック
映画でもだいぶ香り立っていた
「うおー、ドジッ子憎めねぇっていうかカワエェ(*´д`)」
という登場人物達の心理描写に徹しています
いっそ潔い。思わず拍手をしたくなるほど徹頭徹尾
特にライバルのアレ(酷)との関係に至っては

( ゚Д゚) 「オレ最高!オレネ申!オレを崇拝汁!」
(´・ω・) 「うん、でも不可抗力とはいえ会社つぶした挙げ句に女奪って
    その上更にヒーローになっちゃったりなんかしてゴメンね、
    仲間と厚い友情で結ばれたりしてホントごめん」
(;゚Д゚) 「ちょ…お…おま……」
(´・ω・) 「だからお詫びに、ボクの天才的頭脳でなんとかするからね!
     まっててね!がんがるから!なんでもするよ」
・゚・(ノД`)「うっ…うっ、もうグレてやるーーー
     なんでもするってゆったな、こうしてやr(以下略)」

もうね、妄想バラ色。
っていうか、こんなにむかつきそうなキャラクターなのに、身悶えするほど子犬っぽい
本文中にも書かれてたけどね
きゅ~~ん、ピスピスと、鳴きながら見上げる子犬…
あーもう、何しても許される気がします

とりあえず、もう寝ます





2005.11.02 | オールメディア鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。