上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

夢を見ました

パニック障害をわずらっているせいか
「命からがら逃げる」とか「何回も殺される」とか
後味の悪い夢はちょくちょくみるのですが
今回もそんなたぐいでした

何故か、我が家がある団地がゲリラ戦の中心に
まあ夢の舞台はいつだって意味不明ですが
仕方なく、銃声にびくびくしつつ
団地の中央付近にある「自治会集会場」にいって
いつも美化デーにつかう「物置のカギ」をもらいます(笑
ここら辺が何故かリアル・・・
で、また銃弾をよけつつもどってきて、
玄関下の物置を開けると、いつもは竹箒やホウキが入ってるところに
銃器一式が入ってる・・・
誰だよ、入れたヤツは!<そこか
で、三々五々集まってきてた住人にそれを配り、
自分は残ったオートマチック拳銃を一丁手に入れた・・のだが
マガジンを確認したら銃弾がない!!!
慌てて横にいた兄(今は同居してないのに何故かいた)に
「お兄ちゃん、コレ銃弾はいってない!」と慌てていったら
「ん?入ってない?ちょっとまって」といって、机をごそごそ
渡されたのは

「ト○ボエンピツ(HB)1ダース」


…は?(゚Д゚)

しかしワタシは全く疑問に思うことなく
マガジンと同じ大きさに縮んだ(とおもわれる)エンピツをマガジンに充填
エンピツのさきっぽはこれでもか、ととがっている
それを見つめて「電動削り機か・・」とつぶやきながら
並べ終わり、マガジンが二つできあがり

ちょっとまて

渡されたのは1ダース、つまり12本・・・

なんで24個分あるの?!
…二つに折ったんだきっとそうだそうにちがいない

その辺はスルーしつつ<え
いざ的に向けて発射!
「ドスッ!」っという小気味よい音を立てて刺さるエンピツ
しばらくそうして銃撃戦をしてたが
負傷者が何名かでたため、退路を確保する必要が
で、わたしに向かって父が叫ぶ
「グリップ近くのレバーを切り替えろ!」
アイサー、とばかりに切り替えるワタシ

発射

もくもくもくもく…
何故か黒い煙が発生
吃驚するほど煙たいのでむせながらワタシは頭のなかでおもった

「こ、このフォントは 煙 幕 弾!!」



・・・明朝とか・・ゴシックとか・・・?
フォント関係ないーーー!∑( ̄□ ̄;)
もうサッパリ意味が分かりません、自分の脳みそ
思いっきりツッコミを入れたところで目が覚めたので続きは見られませんでした
まあ、みたくもないですけど
スポンサーサイト

2005.10.06 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。